歴史を知って利用

滋養強壮剤の歴史についてご紹介します。

滋養強壮剤というと戦後、1960年代になってオロナミンCが発売されたことにその歴史がはじまります。その以前は滋養強壮剤というとドリンクではなく、精がつくとされるウナギやすっぽん、またはにんにくといった食べ物のイメージでしたが、製薬会社を中心に1960年代から70年代にかけて多くの滋養強壮剤ドリンクが発売されました。その後のモーレツ社員やバブルなどの時代で、ますます滋養強壮剤ドリンクの売れ行きは大きくなり、テレビでもさかんにコマーシャが放映されるようになりました。 また以前はおじさんが飲むものというイメージが強かった滋養強壮剤ですが、平成になってからは女性タレントやジャニーズなどを起用して若者ものむというイメージを打ち出し新たな歴史を刻んでいます。

これからはどのような商品がヒットするでしょうか。

滋養強壮剤ドリンクは長い間、おじさんやサラリーマンが飲むものといったイメージがあり、いまでも実際には多くのサラリーマン、30代から50代に幅ひろく飲まれています。 また最近では女優の杏などを起用して女性が疲れをいやすためにのむ滋養強壮剤ドリンクがおしゃれで健康的なイメージを打ち出して販売しています。 オロナミンCのCMに上戸彩が使われてかなりイメージを女性ターゲット、若者ターゲットに向けていることがよくわかります。 今後の動向としては、その流れを引き続き保ち、幅広いターゲットに滋養強壮剤ドリンクを広める商品が出てくるでしょう。またターゲットを一点にしぼった、妊婦向けや精力剤としてサラリーマンがここぞというときに飲むなど特化した商品も多くでてくるでしょう。